佐竹滉輝と野瀬

体脂肪の量にはさして変化がなく、体重だけが食物の摂取や排尿などで短時間で増減するケースでは、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が上がります。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もしなくても使用してしまうエネルギー量のことであり、その50%以上を様々な骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3つで占めるということです。
めまいが起こらず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを数回発症するパターンを「蝸牛型メヌエル病」という症例があるようです。
車の事故や山での転落事故など、かなり大きな負荷が体にかかった場合は、複数の場所に骨折が生じてしまったり、開放骨折になってしまったり、他の臓器が負傷してしまうこともあります。
フラッシュ ユーチューブ
世界保健機関(World Health Organization)は、有害なUV-A波の無理な浴び過ぎは皮ふの病気を誘引する可能性が高いとして、19歳未満の若者が肌を黒くする日焼けサロンを利用する行為の禁止を広く世界各国に喚起しています。
「とにかく忙しい」「面倒ないろんなお付き合いがとても嫌だ」「先端技術や情報のめざましい高度化に付いていくのに必死だ」など、ストレスを感じてしまう素因は人によって異なります。
気が付くといつも肘をついた横向きの状態のままでテレビ画面を眺めていたり、長い時間頬杖をついたり、踵の高い靴をよく履いたりという習慣は身体の上下左右の均衡を悪化させる元凶になります。
世間では水虫は足、ことさら足の裏に現れる病気だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する部位は決して足しかないわけではなく、全身いたる所にかかる恐れがあります。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、1週間も薬を飲めば、大体、90%近くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、さりとて食道粘膜の炎症反応自体が引いたわけではないので注意が必要です。
吐血と喀血はいずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とは喉から肺に達している気道(呼吸器の一つ)からの出血のことであり、吐血は十二指腸より上にある消化管からの出血のことを言い表しているのです。
老化が原因の耳の聞こえ辛さにおいてはじわじわと聴力が落ちるものの、普通還暦過ぎくらいまでは聴力の減退をきちんとは把握できないものです。
学校のような大勢での団体生活に於いて、花粉症が原因で他のみんなと同時に思う存分走り回ることができないのは、患者本人にとっても残念なことです。
下腹の疝痛をよく起こす病気の代表格として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵巣の疾患等の病名が挙げられます。
パソコンの細かなチラつきを低減する効果のあるレンズの付いたメガネが特に人気を集めている要因は、疲れ目の改善に大勢の方々が挑戦しているからです。
ストレスがかかり、溜まるという理屈や、有用なストレスケア方法など、ストレスの細かい知識を勉強している人は、まだ少ないようです。